海外不動産コンサルティング

Seminar Report

海外不動産セミナーレポート

テキサス不動産のご紹介&米国生命保険の現状 8/30(水)
融資利用者必見!米銀の日本人向け融資の最新情報もご案内

セミナーの内容 【第一部】
『米国生命保険の現状』
投資商品として、日本人から見た米国生命保険の現状を解説いたします。

【第二部】
『テキサス不動産のご紹介』
注目のテキサス不動産をご案内、弊社独占販売の物件もお披露目いたします。
講師 田邊浩久 ステイジアキャピタルジャパン株式会社 代表取締役
開催日時 2017年8月30日(水)19時00分から20時30分まで(開場18時45分~)
会場 東京都港区三田3丁目13番12号 三田MTビル5F

8月30日セミナー開催いたしました。

2017年8月30日に、弊社内にてセミナー「テキサス不動産のご紹介&米国生命保険の現状」を開催致しました。当日は多くのお客様にお集まりいただき、ご参加いただきました皆様、誠にありがとうございました。

当日は、ステイジアキャピタルジャパン代表の田邉より、第一部にて米国生命保険の現状についてご説明、第二部にて当日情報初公開となる弊社の独占販売物件「Glen Allen Condominiums」(米国・テキサス州)についてご紹介をさせていただきました。

以下、簡単にではありますが、第一部及び第二部の概要をご報告させていただきます。

【第一部 米国生命保険の現状】

米国生命保険に加入する意義:米国不動産投資で得た賃料を効率的に運用
弊社ではこれまで200人以上のお客様に対して投資用米国不動産の購入に係るお手伝いをさせていただきました。これまでのところ、各物件とも順調に賃料収入を得ることができていますが、大半のお客様が賃料収入を米国銀行口座へ入金したままとされており、二次運用には至っていない状態となっております。
また、日本円・米ドルをそれぞれ不動産・保険と分けて運用していただくことで、4通りの分散投資によるリスク分散をすることが可能となります。このため、今回、主には米国賃料収入の二次運用先としてご検討いただくべく、米国生命保険について情報提供させていただきました。

【第二部 テキサス不動産のご紹介】

海外不動産投資が初めての方にも取り組み易い物件(サブリース契約をご用意)
当該物件は販売価格が1ユニット20万ドル代と手頃で、弊社アメリカ法人とのサブリース契約(5年間賃料保証)をご用意しております。このため、海外不動産投資が初めてという方にも大変お勧めできる物件です。

都市成長を見込めるエリアで高い賃料収入を期待できる物件
当該物件はテキサス州都オースティンのサウスラマ―に位置しています。オースティンはカリフォルニアからの事業移転企業数が全米で第1位です。特にIT企業の進出が著しく、オースティン周辺は「シリコンヒルズ」と呼ばれています。このため、大手IT企業で働くヤングプロフェッショナルなどの入居を見込むことができます。また、当該物件は現在も稼働中ですが、現賃料が相場価格よりも割安なので、リハブ(リノベーション:有料で物件価格とは別額)後の賃料増額を見込むことが可能で、高い賃料収入を期待できます。

減価償却による高い節税効果を期待できる物件
当該物件は築後22年以上経過している木造物件ですので、ご購入いただいた場合は最短期間である4年間の減価償却が可能となります。また、高い建物比率を見込めるため、節税効果も期待することができます。

米国生命保険及びGlen Allen Condominiumsについてご興味・ご質問等ございましたら、下記問合せ先へご連絡ください。よろしくお願いいたします。

【お問い合わせ先】
TEL:03-6809-3841
mail:us@stasiacapital.com
担当:田中・陳・秦