海外不動産投資コンサルティング

Top Message


有望な海外不動産市場をグローバルな視点で追っています。

近年、日本の投資家が海外に投資する動きが加速しています。個人投資家にとっては、2008年からの円高や日本の財政危機が海外に目を向けるきっかけになったほか、機関投資家や日本国内のデベロッパーは、人口が減少しマーケットが縮小する日本から、海外に活路を求めるようになってきました。2013年以降は円安傾向になっているものの、円高時にも増して海外へ資産を分散する投資家や富裕層が増えてきています。

いよいよ、日本もグローバルな環境に飛び出さなければ生き残れない時代になったと感じる方々は多いのではないでしょうか。弊社グループは、皆様にとって今後有望な海外不動産市場はどこか、常にグローバルな視点で追っています。

2010年以降、マレーシア、シンガポール、イギリスに拠点を設け、順次、日本の投資家のみなさまに将来有望な不動産を紹介してまいりました。2013年には最後のフロンティアといわれるミャンマーにも拠点を設け、日系企業の進出のための住宅、オフィスの斡旋や不足するサービスアパートを建設する開発コンサル事業もスタートさせました。2015年にはタイのシラチャにて初の自社開発もスタートさせております。今後は、ベトナム、インドネシア、スリランカ等アジア諸国での投資商品の提供、拠点化も進めStage to Asiaを加速致します。



海外から日本へ投資マネーを呼び込むことも当社の使命。

また近年、日本での個人所得に対する更なる増税、円安傾向を受け、アジアだけではなく先進国でも投資をし、「ポートフォリオ」のバランスを保ちたいという投資家の皆様のリクエストに答えるべく、2014年3月にはアメリカロサンゼルスにも拠点を設けるに至っております。アメリカでは現在、ニューヨーク、カリフォルニア、テキサス、ハワイにて不動産コンサルティングビジネスを展開しております。

一方、弊社は海外の投資家にも日本の不動産の投資アドバイスも行なっています。昨今、アベノミクスや東京オリンピックの開催決定もあり、特に東京の不動産が海外投資家から注目されています。

上海、台湾、シンガポールで日本の住宅販売会を開催しており、海外からの日本への投資マネーを呼び込むことも当社の使命であると考えています。今後も「新興国」「先進国」においてさらに有望市場を開拓し、海外不動産のプライベートバンク、指南役として投資家の皆様の期待にお応えするよう努めて参ります。今後ともご支援、ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

奥村尚樹

Top Message

Thank you very much for your interest and patronage towards our services.

Our business was first founded in China back in December year 2002, named Better House Co., Ltd., with offices set up in Shanghai, Kuang Zhou, and Shen Zhen focusing on Chinese real estate sales and leasing, investment consultation, property management, market research and the associated businesses. In year 2007 October, the company was renamed from 「Better House Holding Limited」to 「Stasia Capital Holding Limited」.

The name Stasia was derived from the image of “a Stage to Asia”. Although our business was founded in China, from the beginning we looked very forward to developing a global investment business upon Asia.

The acceleration of Japanese investors investing in oversea markets has been obviously witnessed. Besides those individual investors who are looking for abroad investment due to appreciation of Japanese Yen and Japanese economic crisis, institutional investors and domestic developers have also started to seek for oversea opportunities due to the decrease in population and potential markets in Japan.

We are constantly observing and looking out for fresh and potential oversea markets, while keep our eyes closely on the moving directions of Chinese money. Since year 2010, we have further set up sales offices in Malaysia, Singapore, and England to provide broader investment opportunities to our Japanese investors. Not too long after that, we also set up a branch in Myanmar in year 2013 focusing on housing and commercial leasing services providing to the Japanese enterprises advancing into the country. Besides that, Stasia has also engaged ourselves in the development of service apartment construction and establishment business within Myanmar. We are looking forward to accelerating the Stage to Asia by exploring investment products in Thailand, Philippine, and Cambodia in the very soon future.

Yet, as a global investment consulting service provider, Stasia totally does not ignore the importance of balancing our investors’ portfolio, we have our sales office in Los Angeles set up in March, 2014. On the other hand, due to the echos of Abenomics and Olympic 2020 in Tokyo, we have been working with Japanese domestic developers to promote Tokyo properties in Singapore and China. We are proud to assist oversea investors who are anticipating and showing their interest in Japanese real estate market.

Whether it is seeking out opportunities in “emerging countries” or “developed countries”,we strive to do our best towards meeting your investment expectations.Once again, we thank you for your continuing patronage.


Stasia Capital Holdings Co., Ltd CEO Naoki Okumura