メルマガ会員登録はこちら

海外不動産投資コンサルティング
  • TOP
  • ニュース一覧
  • テキサス不動産の遺産相続対策 新サービス開始のご案内

NEWS

テキサス不動産の遺産相続対策 新サービス開始のご案内

ニュース

2020.1.6

米国の不動産に相続が発生した場合、事前に対策をしていないと裁判所の管轄による遺産相続手続きが行われ、相続財産を数年間も差し押さえられたまま相続人は遺産税の納税をしなくてはならなくなるケースがあります。この度、これを回避するための登記手続きを代行するサービスをテキサス州にて開始致します。

●米国で遺産相続が発生するとどうなる?
米国不動産を個人で所有している方が亡くなると、被相続人の財産は裁判所の管轄下で清算・相続人の確定・相続手続きが行われます。(=プロベート)

●プロベートが開始するとどうなる?
プロベート期間中は、相続人は相続不動産を自由に処理する事ができません。相続人は相続不動産からの賃料収入を受け取れず売却もできないまま遺産税を納税しなければならないケースがあったり、裁判所に任命された遺産管理人によって相続不動産が処理されるケースがあります。(※処理されて被相続人の債務や遺産税の納税に充てられる。)また相続人にも専門的な知識が必要になるため現地の弁護士に依頼をする必要があり弁護士費用がかかります。
※ プロベートの期間:1年~3年程度が目安
※ 遺産税の納税期限:原則として被相続人が亡くなった日から9カ月以内

●テキサス州の遺産税はいくら?
アメリカの連邦遺産税は相続不動産の時価評価額に対して18~40%です。テキサスは州の遺産税はありません。例えば被相続人が非居住者の場合で、時価評価額30万ドル(約3,300万円)相当の不動産を所有していた場合、遺産税は最低でも54,000ドル(約594万円)以上になります。

●これを回避するための手続きとは?
被相続人が存命中に<Transfer On Death Deed>という証書を登記しておくと、プロベートを介せずに相続が可能になります。被相続人が亡くなってしまった時点で、相続財産の所有権が事前に指定した相続人に移転します。

●Transfer On Death Deedを登記する方法
・Transfer On Death Deedの書類を作成する
・被相続人が存命中に、日本で認証手続きを行う(米国大使館、または公証役場も可)
・不動産の所在するテキサス州の郡にて証書の登記手続きを行う

➡詳細についてご興味ある方は下記よりお問い合わせください
・費用は1登記につき税別10万円~より承ります
・対象エリアは、テキサス州ダラス市・プレイノ市・フリスコ市等のダラスフォートワースエリアです

【お問い合わせ先】
 ステイジアキャピタルジャパン株式会社
 TEL:03-6809-3841 Email:scjam@stasiacapital.com
 担当:長谷川



一覧へ戻る