海外不動産投資コンサルティング

MARKET UPDATE

マイアミのコンドミニアム市場が再ブーム!

アメリカ

2015.09.25

The Business Times Singapore 9月21日の記事によると、マイアミのコンドミニアム市場が再びブームとなっています。一部のコンドミニアムの価格は、5,000万ドルもしくはそれ以上にまで上昇しました。数年前のマイアミの不動産マーケットは、十数年ぶりに全米の中でも不景気の影響を大きく受けている地域として知られていましたが、現在不動産市場は再び勢いを取り戻しています。中でも、スタイリッシュで洗練された、いわゆるラグジュアリーなコンドミニアムの開発プロジェクトが増えてきています。


買い主の中には米国以外に居住する富裕層の投資家たちも多く、彼らの主要な目的は通貨分散(リスクヘッジ)です。
彼らは自国通貨の値下がり等から資産を守る為に、保有資産の一部をマイアミ不動産の購入を通して米ドルに配分しています。

これまで地理的に近い南アメリカの富裕層がマイアミの不動産を好んで購入していましたが、現在では中国やトルコの富裕層もマイアミ不動産に注目しています。これを受け、開発デベロッパーたちは中国からの購入希望者向けに「風水」を取り入れる等、セールスの際のマーケティング活動をしています。


リゾート地としても知られ、全米の中でも景気の影響を受けやすいマイアミの不動産マーケットですが、購入層の幅が広がっている事で今後さらなる盛り上がりが期待されます。